自己資本比率とは

「自己資本比率」とは、もしもの場合に貸倒れの危険性がある融資や債券などの総量を表す「リスクアセット」に対して、資本金などの返済する必要のない資金がどれだけあるかをパーセントで表示した数値のことをいいます。
例えば、銀行において多額の債権の回収が困難になった場合には、資本金などを取り崩して処理をする必要性が生じますが、その資金が大幅に減ってしまった場合には、銀行経営そのものを存続することが困難になってしまいます。
このため、この比率の数値が大きいほど銀行の健全性は高いと評価され、逆にこの数値が小さい場合には、経営の健全性が損なわれていると評価され、監督官庁である金融庁から業務改善指導を受けることになります。
この比率については「バーゼル委員会」という世界各国の銀行監督当局が集まってできた委員会において合意された国際統一基準(BIS規制)があり、我が国においてもその基準を踏襲し、国際業務を行う銀行については8パーセント以上なければならないものとされています。
また、国内業務のみを行う銀行についても、この比率は4パーセント以上なければならないものとされており、このような基準により銀行経営の健全性を担保する仕組みとなっています。

コメント

コメントを受け付けておりません。